「生理痛ってお腹だけじゃないのは、どうして?」
2017/05/02(Tue)
2017.5.2 火曜日8:00 8℃

わんこ豆の健康豆知識


おはようございます!

いつもは、健康内容もアダルト的だったので
   今日は、ヤ~ングマン向けに 

「生理痛ってお腹だけじゃないのは、どうして?」


生理痛



生理痛がひどくて困っている方がいますよね
  振り返ってみると、生理痛は10代の頃のほうが
    つらかったのではないでしょうか

それに、生理が来る前や生理中に
 必ず決まって痛くなる、つらくなる場所がありますよね

     

    これ、



きちんと理由があるんです




 女性ホルモンは何種類  

 二種類です

  エストロゲン (卵胞ホルモン)
  プロゲステロン (黄体ホルモン)




 生理は何のためにあるの  

 子宮では、せっかく妊娠準備したのに、妊娠しなかった~!ってことで

   準備した胎盤のもととなるものを
      排泄するのが 「生理」





そして



 排泄するときに、あるものが発生しますがなんでしょうか 

 「プロンスタグランジン」 


これは 子宮の収縮を助けるため に登場するもので
 これこそが 痛みを発信する するわけなんです 

プロンスタグランジンが増える場増えるほど、
 痛みは強くなるんですが・・・




 なぜ増えてしまうのでしょうか 

 1.子宮口がせまい
  2.体の冷え
  3.ストレス
  4.病気による痛み



若い時ほど生理痛がひどい理由は

 子宮の成長が十分でないので子宮口が硬くて
   スムーズに排泄できないので、より一層
    プロスタグランジンが頑張っちゃう
 ってことなんです




・・・・・




そう、子宮の成長が十分でないので子宮口が硬くて
   スムーズに排泄できないので、より一層
    プロスタグランジンが頑張っちゃうってことなんです 


 もうひとつ、冷えやストレスは血流を悪くします。
  血行が悪いと排泄運動もスムーズに行かなくなるため
   これまたプロスタグランジンが頑張っちゃうんです 


昔の人の知恵話で
 ” 女は体を冷やすな!難産になるぞ! ”

しっかりとした根拠があったんですね~ 




 腹痛以外の苦痛はどうして起こる 

 ▪ 腹痛: 子宮収縮のため

  ▪ 腰痛: 骨盤が開くため

  ▪ 吐き気: 子宮の収縮に連動して胃も収縮するため

  ▪ 頭痛: エストロゲンが減少し、脳の血管が伸び縮みするため

  ▪ めまい: 自律神経が乱れて生じる

  ▪ 下痢: 子宮の収縮に連動して腸も収縮するため

  ▪ 便秘: 出血することで、腸の動きが弱くなるため

  ▪ 眠気: 上がった体温を下げようとする自然な働きの副作用のため

  ▪ 肌荒れ: プロゲステロンが皮脂をより多く分泌させるため

   



生理痛を軽減させるには普段からのケアが重要だということです。
 体を温めることや、
  内臓機能を高めるために偏食を避け、
   運動も適当に取り入れることが必要です。




お手数おかけしますが 下記を 
ポチッ ポチッ とクリックお願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村<
スポンサーサイト
この記事のURL | 痛いの痛いの飛んでけ | CM(0) | ▲ top
| メイン |