「糖尿病ってどんな仕組み?」
2017/04/08(Sat)
2017.4.7 土曜日 9:00

わんこ豆の健康豆知識


インスリンをベースに糖質制限とダイエットのリバウンドのお話をしましたが
今回はその延長で、簡単にこちらを説明しま~す


 「糖尿病ってどんな仕組み?」


糖尿病1





 インスリンとは分泌液  

 インスリンとは 膵臓から出るホルモン です。

インスリンはどんな働きをするかは、こちらを参照してください 
   ダイエットの原理 「インスリン」を知ろう!




 高血糖って何 

 糖質が血管内に入ってくると インスリンが出動しますが
    あまりにも処理しなければならない糖質があると
      処理しきれずに血液内に残ってしまいます
        こうして 血液内に存在する糖質のMAXな量を 高血糖 





 結局 糖尿病って 

 血液内に糖質がたくさん残り過ぎてしまうこと 
   

   普通であれば残った糖質も
     次のエネルギーに使用するために脂質に形を変えて
       肝臓に蓄えられます

   しかし糖尿病では、血液内の糖質がうまく処理されないため
     体のさまざまな器官に 悪影響を及ぼしてしまうのです




 どうしてうまく処理されないの  

 膵臓はこれでもか、これでもかとインスリンを分泌するのに糖質が減りません
     それで 膵臓が疲れてしまい、インスリンの分泌量が減ってしまう からです




インスリン君2



もうひとつ!



 インスリンを受ける立場の器官が 
    インスリンを受け付けなくなる からです
       これを インスリン抵抗 が高まるといいます

  
インスリン君3




糖尿病にはⅠ型とⅡ型の二つに分けられますが


 Ⅰ型は膵臓がインスリンをまったく作らない (先天性など)

   Ⅱ型は食べすぎや運動不足などの生活習慣が原因で
     膵臓や他の器官が 上記のようになること


糖尿病は 糖尿病が怖いのではなく、
  糖尿病から発展する病気や症状が怖いというものです

とても奥の深い病気のひとつなので
   合併症や予防は、また改めてご説明いたします 



お手数おかけしますが 下記を 
ポチッ ポチッ とクリックお願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 痛いの飛んでけ! | CM(4) | ▲ top
| メイン |