2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
「左中大脳動脈梗塞」
2017/03/21(Tue)
2017.3.21 火曜日 8:00

春の訪れを感じる季節になってきました~ 

今からダイエットや運動に励もうと思っている方、多いのではないでしょうか
今日から、こちらの方で ちょっとだけ皆さんの参考になったらいいな~ってことで、
大事な体について お話を載せていこうと思います

お時間がある方は、お付き合いくださいませ 

注)しばらくは てちゅん日記を引用しますので見たことがある方は とばしてください ;;



今日のテーマは 「左中大脳動脈梗塞 」

脳梗塞
  脳梗塞のなかでも最も多い部分の脳梗塞です。

左中大脳動脈がどこにあるかって ・・・そういった難しいことは無視してオッケーです 

脳梗塞といっても、左右のどちらの血管が閉塞したかってことで 症状が若干変わってきます
その後遺症について 簡単に説明いたしますと。。。


左右どちらでも 片麻痺 という症状がでます。

正面を向いた状態で眉毛の間からまっすぐに足先に向かって
身体を 縦に二分するかのように線をひくとしたら
その線を基準にした 左右です。

たいていは人間の構造上 頭の左右に分かれている神経が首のところで交差してます。

左の脳の損傷ならば右の手足、右の脳の損傷ならば左の手足に麻痺が出ます。


そのほかに細かい支障もありますが
もう一つ大きな後遺症があります

それは、言語です。

話せなくなるなる、舌がもつれるだけではなく言葉や意味を理解する力が減り
勉強や 書く、読む、話す、を利用とするのコミュニケーションに支障をきたす場合があります。
左右の脳ではどちらが大きな支障かと言えば

左の脳です。

右の脳はまた特有な後遺症もあります。
物を見てもある一定の範囲にそれがあれば鏡に映るように目には映りますが
認識として脳に届かないといったところでしょう。
見ていても見えないと同じ症状です。
例えばお膳を目の前にしていても お膳の半分のおかずを認識できず
手を付けないなど。



右大脳動脈梗塞


家族が脳の病気にかかると生活そのもの、いいえ、人生が一変します。

本人は、自分では動かしているつもり、でも動かない
話したい、伝えたいのに言葉が出ない
イライラ感や情けなさに、生きている事への嫌悪感さえ感じてしまいます。

苦しいのは本人だけではありません!
それを支える、あるいは見守る事しかできない苦しみに襲われます。


私個人の考えですが、
早期復活を願うならばその人を支える周囲の根気が一番大切かと思います。
病気になったその日からは 本人や家族が0地点から
一緒に成長して行こうという心構えを持つことが必要なのです。。


お手数おかけしますが 下記を 
ポチッ ポチッ とクリックお願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
にほんブログ村

開発期間30年、イスラエルが生んだ奇跡 ガミラシークレット・ラベンダー 5名募集
スポンサーサイト
この記事のURL | からだ | CM(0) | ▲ top
【肝臓の時給は高そう・・・】
2017/02/22(Wed)
2017.2.22 (水)

父の病気がきっかけで、いろんなことを考えされました・・・

改めて「病気」というものに向かい合ってみようかと思う良いきっかけにもなりました。
  それで、以前も人間の身体に沿った豆知識を書いていたのですが、
   今回は改めてカテゴリを設けて健康に関するつぶやきを載せてみようかと思います。
      お時間があればお付き合いくださいね。



大きな病気と小さな病気

人間は順番ですよね。

通常であれば歳の多い人間から身体が弱って来るもの。
わかっているんだけど、、、自分の親が「病気」に直面するとあたふたしてしまうんです。


父はもともと高血圧を指摘されて薬は毎日飲んでいました。
  本人は、塩辛いものには気を付けてる、卵類はコレステロール値を上げるから
    タラコ、筋子、いくらなんかは絶対箸をつけてないって、

  「自分の身体を管理してる!おれはバカじゃない」ってアピールをしてました 

  ・・・なのに、お酒は回数こそ減れど飲む飲む~(あらら;;) 



「コレステロール上昇」っていうのは医療の専門的に言うと「症状」なんです。

それに比べて「高血圧」っていうのは「病気」なんです。

その「病気」って、実際には何が重いか軽いかのランクはありません。
でも、自然に自分の中でランク付けされてるなって感じました。。。 

「高血圧」と診断されたと聞いたときには。「ふ~ん。。」という感じ、
  それに比べて今回の「脳動脈瘤」の宣告では、「アーメン!神様、仏様!」

勝手に病気の重さを判断してるんですよね~・・

このショックを少しでも受けたくない!最小限にとどめておきたい!というならば、
    日頃からの身体の管理が必要なんです。
  
      思いっきり実感しました!



脳動脈瘤は破裂するとメジャーな怖い病気 「くも膜下出血」 になります。

私の父の動脈瘤は1cmを超えているそうです。
症例的に言えば大きい方です。なのになんで破裂しなかったか・・・・

   ▪高血圧の薬をきちんと飲んでいたこと  

   ▪血圧のコントロールをしっかり行っていたこと

これこそが予防となって、大きな大きな病気である「くも膜下出血」を
防ぐことができたのです。



次なる管理は肝臓

先ほどもチラッと言いましたが、、、父の楽しみはお酒です。
肝臓病の指摘はないけれど、ちょっと肝臓の管理しなきゃな~って
次なるターゲットを決めました

病気にならないと病院では薬ってくれないもの。
医薬品の購入も少しずつ、一般の薬局やネット販売で買うことができるようになったけど、
どれも症状が出てから飲むもの。

肝臓は症状が出てからでは、遅い!

特に予防が必要な臓器だ!

せっかくなので、肝臓に関するお話を 

肝臓


肝臓の労働力って、並大抵のものじゃない!


①食べた物を分解したり成分を合体させたりする(代謝)

ご飯をパクパク食べたって、そのまま血液になるわけがないんだから形をかえなきゃならない。
食べた物は腸から栄養分だけ肝臓に吸収されるんです。
糖分とかタンパク質、脂肪を分解してエネルギーとして
使えるように分別したり蓄えたりします。

食べないでも体が機能するのは、肝臓に蓄えられたエネルギーが
飢餓状態を察したら勝手に分泌されているからなんですよ~


②体に入った毒は、自ら抱えて無毒化にする。

ここの働きがアルコールに関係する部分(詳しくは後ほど)
そして、もうひとつ。実は肝臓癌には抗がん剤が効きにくいって知ってましたか?

なぜなら、抗がん剤は一種の毒なので、
肝臓に効く前に解毒しちゃうからなんです


③胆汁を誕生させます

肝臓で分解合成されて余ったものが胆汁なんです。でもこれはゴミじゃない!
この胆汁が十二指腸って言う部分で脂肪を消化するときに使うんです。

リサイクル機能満載だ~



さあ、アルコールを分解するぞ~!

さてアルコールが肝臓でどんな風に分解されるか・・・

①胃と腸からアルコールを吸収し肝臓へ
    ↓
②肝臓でADHというアルコール脱水素酵素とMEOSっていう
ミクロソームエタノール酸化系の力でアルコールを分解
    ↓
③アセトアルデヒド(←これがすごい毒物)誕生! 
※吐き気や頭痛が出るのはこのため
    ↓
④ALDHっていうアルデヒド脱水素酵素が更にアセトアルデヒドを分解
    ↓
⑤酢酸(無害です)誕生! 
    ↓
⑥体に周っているうちに水と炭酸ガスにまで分解
    ↓
⑦ゴール!汗と尿で排泄 

で、ここでアルコールが分解されやすいかどうかで、二日酔いが決まっちゃうんです。
肝臓に負担をかけないようにすることが、肝臓病の予防。

何か病気が起こった時でもないと身体に関して調べないものなんです、、、、(私も)

何か肝臓の機能をアップする食べ物とかある?(レバー以外でお願いしたい;;)
と思ってこっちで見てみたら、いろんな情報が満載で・・・びっくり 

「肝臓に良い食べ物は?その効果と食べ方、注意点」


肝臓の解剖や生理機能は知っていても、
肝臓に必要な食べ物はわからなかったんだよね~ 

青魚、しじみ、牡蠣、豆腐、梅干し、ウコン、大根、納豆、トマト、にんじん、鶏肉・・・・

いっぱいありすぎる 

まずはバランスよい食事とサプリメントでとりあえず予防!予防!

父に加えてわんこ豆夫婦もビール大好きなんで、
肝臓エリアには特に注意が必要だ~・・・


お手数おかけしますが 下記を 
ポチッ ポチッ とクリックお願いいたします

にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
この記事のURL | からだ | CM(0) | ▲ top
| メイン |